.

初心者向けのFXの本では、「差損が生じた場合はナンピン買いをすることで、ポジション全体の買い付けコストを下げる」等と説明されていると思いますが、これには罠があると思います。福岡の包茎治療の病院

まずはじめに、ナンピン買いの方法について簡単に説明しておきます。メディオスター脱毛

仮に100円で1ドルを買ったとします。ネクシー 価格

ドル買いだから、ドル高に動くほど儲けが大きくなりますが、逆に1ドル=95円まで円高に振れてしまったとします。レモンもつ鍋

この場面で所有し続けたら、プラスになるためにはマイナス分円安に動かなければなりません。

誰でも、損はなるべく早く取り戻したい考えるでしょう。

そこで最初にエントリーしたのと同じ分の$を、95円でエントリーします。

そうすると、ポジションの単価は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

すなわち、2.50円の幅でドル高が進行すればマイナスを回復できます。

この流れがナンピンの仕組みです。

このように、ナンピン買いの理屈を目にすると、「なるほど」という考えになるが為替はそう簡単に思うようにはいきません。

もとより、95円以下にならないとは、誰にも分かりません。

仮に、為替相場がかなりの円高ドル安傾向だったら1ドル=95円ではとどまらず、さらにドル安になる危険性はあります。

一例として、1ドル=97.50円でナンピンをした場合に1ドル95円まで円高になったらナンピンした分についても、為替差損が生まれることになってしまいます。

この状況では、一番初めにエントリーしたドルと合わさってより大きな差損を被ります。

それゆえ、ナンピン買いは大変です。

では、市場が自身の台本とは反対の方向に素早く進む場合、どういった手段でリスクを管理すればいいのでしょうか。

こういう状態で選べる術は2つだけあります。

まずひとつはあきらめて、損切りをする事です。

もうひとつの手段としては、今、保有しているポジションを小さくする事によって、再度外国為替市場が元のようになるのを大人しく待つ事です。

ずいぶん受動的な対策だとおっしゃる人もいます。

しかし、自分の持っている買いポジションに差損が出た場合最も適切な対策はこれよりいいものはありません。

確かに、考え方としては、ナンピン買いをするという術もあると思います。

だがしかしナンピンはあなた自身がマイナスになっている状態にもかかわらず買いポジションを減らすどころかそれとは反対に買いポジションを重ねていく方法です。

この方法では、危機をコントロールすることなどどうやっても無理だと思ったほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればいずれは儲けが出るかもしれません。

だがしかし、それより先に資金は不足してしまいます。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.anewimageboutique.com All Rights Reserved.