.

免責不許可事由という意味は自己破産手続きしようとした人に、このような項目にあたる方は免除は受け付けないとの線引きを表したものです。

ということは、端的に言えばお金を返すのが全くできないような状況でもこの免責不許可事由にあたっているなら借金のクリアを受理してもらえない可能性があるということを意味します。

ですので破産を申し立て、免除を取りたい人にとっての最も大きなステージがいまいった「免責不許可事由」なのです。

下記はメインとなる要素の概要です。

※浪費やギャンブルなどで極端にお金を減らしたり債務を負担したとき。

※破産財団に属する動産や不動産を隠したり破壊したり貸方に損害が出るように売り払ったとき。

※破産財団の負債額を虚偽に増やした場合。

※自己破産の責任を負うのに、債権を持つものに特別の利を付与する目的で資産を受け渡したり弁済期の前にお金を弁済したとき。

※すでに返済不能の状態にもかかわらず、現状を伏せて貸方をだまして融資を提供させたりクレジット等を使用して物品を決済したとき。

※虚偽の債権者の名簿を法廷に提示した場合。

※返済の免責の手続きから過去7年のあいだに債務免除を受けていたとき。

※破産法の定める破産者の義務内容に反したとき。

上記の8つの条件にあてはまらないのが条件とも言えるものの、この概要だけで実際的なパターンを思いめぐらすのは多くの知識がない限り簡単なことではありません。

それに加え、厄介なのは浪費やギャンブル「など」と書いていることでも想像できますがギャンブルといわれても数ある散財例のひとつというはなしで、ほかに述べていないことが多数あるというわけなのです。

実際の例として挙げられていないものは、一個一個例を述べていくと細かくなってしまい例を書ききれなくなるものや、判例として残る裁判の判決に基づく事例が含まれるため、ある申告がこの事由に当たるのかは法律に詳しくないと一朝一夕には見極めがつかないことが多いです。

でも、免責不許可事由になるものとは夢にも思わなかった人でも免責不許可という判決を一度でも宣告されてしまえば決定が無効になることはなく返済の責任が消えないばかりか破産者という名の不利益を受けることになるのです。

だから、免責不許可という最悪の結果を避けるために、破産を選択しようとしている段階でわずかでも憂慮している点や理解できないところがある場合は、破産に詳しい弁護士に相談を依頼してみてください。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.anewimageboutique.com All Rights Reserved.