.

自己破産を検討する人でその借金に関してその保証人を立てているときには、前もって連絡をしておいたほうがいいでしょう。メールレディ おすすめサイト

強調しておきますが、負債に保証人を立てている場合は、自己破産をする前によくよく検討しなければなりません。マイクレ

なぜかというと破産申告をして受理されれば保証人となる人がその返済義務を負う必要が生じるからです。家族以外の保証人を求めてきた

破産前に保証人になってくれた人にその内容とか現在の状況を説明し、謝罪の一つも述べなければなりません。

保証人からすれば当然必要なことです。

借金をしたあなたが破産の申告をすることによって、大きなローンが発生してしまうことになるのです。

そのあとの保証する立場の人の行動の手段は次の4つです。

一つの方法は、保証人自身が「全部支払う」という選択肢です。

保証人がいきなり数百万円のカネをポンと完済できるというようなお金を持っていればこの手段が可能でしょう。

でもむしろあなたは破産せずに保証人である人に借金して保証人である人に月々返済をしていくという手順も取れるのではないかと思います。

保証してくれる人が破産を検討している人と良いパートナーであるのならばいくらか弁済期間を繰り延べてもらうこともありえます。

またひとまとめにして返済不可能だとしても、業者も相談により分割支払いに応じてくれるかもしれません。

あなたの保証人に破産宣告を行われてしまうと、債権が全然手に入らないリスクを負うからです。

保証人がその借金をすべて立て替える財産がなければ、債務者と同じく何らかの債務の整理を選択することが必要です。

続く方法は「任意整理をする」ことです。

この方法は貸方と相談することにより、5年ほどの時間で弁済していく方法です。

弁護士にお願いする場合の経費の相場は1社ごとに約4万円。

全部で7社からの借り入れがあれば28万かかることになります。

また相手方との交渉を自ら行うことも不可能ではないかもしれませんが、法的な経験や知識がない人の場合債権者側があなたにとってデメリットの多い提案を提示してくるので、慎重である必要があります。

それに、任意整理をするということはあなたの保証人にカネを立て替えさせることを意味するわけですからあなた自身はたとえちょっとずつでもあなたの保証人に返済をしていくべきでしょう。

続いて3つめは保証人となる人も破産した人と同じく「破産手続きをする」という選択です。

保証人である人も返済できなくなった人と同じように破産を申し立てれば、その保証人の責任も消滅します。

しかし、もし保証人が住宅等の不動産を所有しているならば価値のある資産を没収されてしまいますし、資格制限のある仕事をしている場合影響がでます。

そのような場合、次の個人再生を利用できます。

最後の4つめの方法は「個人再生を利用する」方法についてです。

マンション等を残して負債の整理を行う場合や自己破産手続きでは資格制限にかかる業務に従事している場合に利用できるのが個人再生です。

この方法の場合、マンション等は手元に残りますし、破産申し立ての場合のような資格にかかる制限がありません。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.anewimageboutique.com All Rights Reserved.