.

FXに関しては取引所取引という取引がございます。普通の外為会社と売買をする事柄を「店頭取引」と呼びますが、この取引においては取引所を通さないで商いの対象はFX(外国為替証拠金取引)企業になります。「取引所取引」という所はFX(外国為替証拠金取引)会社はあくまで仲介であり直接の売り買いペアは取引所との事になります。その違いをいくらか比較してみます。まず初めに「店頭取引」のケースは預け入れている資金はFX(外国為替証拠金取引)企業にコントロールされているのです。こなた「取引所取引」の場合、この証拠金は全額取引所にデポジットしないといけないと決まっているのです。万一FX(外国為替証拠金取引)業者が経営の行き詰まりをしてしまうというような問題が例えあっても、取引所取引は取引所によって証拠金が総額防護してもらえることになるのです。店頭取引の際は外為(FX)会社が調節しているので、状況によっては会社破綻のあおりに遭い預けていた証拠金は保護されないのかもという可能性があります。また税金面からも両者に関しては取り決めに相違が存在します。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ金利などを雑所得として月給と合計で申請せねばなりません。思いきや確定申告しないで良い際もあるらしいので、自分に共通するかどうか入念に確かめるようにしてください。万一アナタが勤め人で年収二千万円以下給与の所得を除いた儲けが二十万円以下(複数の会社から給料の所得がなし)というようなのような条件を満たしている状態でいるのであれば特例で確定申告は不要でOKです。外為利潤が二十万円以上次第は確定申告しなければいけません。税金の率は実入りに反応して5〜40%の六段階に仕分けられておりまして所得が高ければ高いほどtaxも上がります。「取引所取引」においては、もうけがあるのであれば他の所得とは別で考えておいて「申告分離課税」のターゲットとなってしまうのです。税金の率は全て同じ20%となりますが、もし足が出るのがはっきりしたしからば「取引所取引」の得策として赤字分を来年以降に先延ばしという事ができます。上記のように、「取引所取引」の方が価格が少ない税になるケースもありますので照らし合わせてみた方が良いと思います。分けてもビギナーの人ならば、ジャスダック株価の変動や円相場に一日一日注意して、黒字や欠損分にひやひやする事で、税金についての問題を忘れたかのようになることもあるので要注意です。欠損分は困ります。でも、儲けが増えれば税金も高騰するので注目と理解が重要になってきます。

Copyright (c) 2000 www.anewimageboutique.com All Rights Reserved.