.

通常の初心者用のFXの本では、「差損が生じた場合はナンピン買いをすることで全体の平均の買い付けコストを小さくする事が出来る」と述べられていると思いますが、現実にはナンピンにはかなり大きな危険がある。まずはじめに、ナンピンのやり方に関して分かりやすく述べます。仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。$買いですから円安ドル高に推移するほど黒字が大きくなるわけですが、反対に1ドルが95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。そのままの場合所有し続けたら利益がでるためには円高になった分、円安ドル高が進まなければなりません。損は早くリカバリしたいと願うだろう。このため最初に買ったのと同じ額のドルを95円で売買します。それで、ポジション全体の平均の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。要するに、2.50円の幅で円安に向えば、損失を回復する事ができます。それが、ナンピン買いの原理です。ナンピンのロジックをみると「もっともだ」と思ったりするが、マーケットはそう簡単には問屋を卸してくれない。そもそも、1ドル95円が下限だとということなど、予想できません。相場が強い円高ドル安地合だったら95円では止まることなく、さらに一層円高ドル安になる可能性は高くなります。一例として、97.50円でナンピンをした時に、95円までドル安が進んだらナンピン買いしたポジションにも、マイナスが生じてしまいます。その状態では、初めに注文したドルと一緒に、二重の損を被ります。このように、ナンピンは大変です。それでは、市場が自分自身の物語とは反対に進んでしまった場合どんな術で危険性をコントロールすればいいのでしょうか。こういう場合には選ぶべき道は2つあります。ひとつめは観念して、損切りをすること。もうひとつは今現在、自分か持っている買いポジションを縮小することでもう一回市場が回復するのを動かないで待機する事だけです。相当主体性のないやり方だとおっしゃる人もいるだろう。だがしかし、所有している買いポジションに差損が生まれた時リスクが低い対策はこれ以上のものは考えられません。言うまでも無く、理屈の上では、ナンピン買いをするという考え方もあるように思えます。けれどもナンピン買いは、自身が損失を披っている場面で、ポジションを減らすどころか逆に買いポジションを買い増していく方法です。この考え方では、危機を制御することなどどこをどうやってもできないと思ったほうかいいだろう。ナンピン買いを続ける事ができればその内利益を上げられるかもしれません。だけど、そうなる前に資金が不足してしまいます。

Copyright (c) 2000 www.anewimageboutique.com All Rights Reserved.